カード

【桃鉄スイッチ】連帯保証人カード 使い方 全員持っていると・・!?

連帯保証人カードとは

連帯保証人カードとは、カード所有者の所持金がマイナスになる寸前に自動で効果が発動し、差額をランダムな誰かが強制的に引き取ってくれるカードです。

例えば1000万円を所持していて、マイナス駅で-1億円になった場合、通常は所持金はー9000万円となってしまい借金を抱えるか物件を売らなくてはいけませんが、9000万円を誰かが代わりに支払ってくれる事になります。

持っているだけで効果が発揮されるカードなので、カード欄からは使用できません。

誰が連帯保証するかはランダムです。

連帯保証人カード 入手方法

連帯保証人カードはカード売り場駅で販売されておらず、いつもの桃鉄ではナイスカード駅からも排出されません。

いつもの桃鉄の7年目までの検証では、カード駅(黄色マス)から1/1000の確率で入手できる事が確認できました。

検証では周遊禁止カード、オール6カードと並んで出にくいレアカードです。(効果が高いとは言っていない)

連帯保証人カードを全員が所持していると・・

上記の例だと、緑が借金を抱え、青⇒黄⇒赤の順に連帯保証人が決まりました。

全員(借金した人以外)が連帯保証人カードを持っていると、奇跡記念という事で借金は0円になるちょっとレアな事が発生します。

青⇒黄⇒青のように同じプレイヤーに連帯保証が戻ってくる事はなさそうです。
(現実と同じですね)

連帯保証人カードの効果的な使い方

連帯保証人カードを使用して、わざと借金を背負って相手へ嫌がらせする事できます。

冬のマイナス駅(赤マス)へ飛び込む

12~1月の冬場のマイナス駅は数倍に跳ね上がる事もあり金額も高いので、わざとマイナス駅に飛び込み相手の資産を減らす事ができます。

運が良ければ冬の福の神が現れ大金が手に入る場合もあります。

キングボンビーへ突っ込む

少し危険なプレーですが、所持金が少ないときに金捨てが発生すれば、相手に大きな被害を与えられる可能性があります。

もちろん金捨て以外のカード捨てや、その後孤立してしまい自分が大きな被害を被る事もあります。

連帯保証人カード まとめ

おまもりにはなりますが、1回しか効果はありませんのでキングボンビー対策にはなりません。

ないよりはマシですがカード枠が圧迫している状態ではそこまで必要の無いカードなので、1億円と割と高額で売れるので早めに売ってしまった方がいいかなと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。