カード

【桃鉄スイッチ】ダビングカードとは 

ダビングカードとは

自分の所持しているカードを1枚ダビングする事ができるカードです。

このカードは桃鉄スイッチの中で断トツでぶっ壊れています。

4000万という格安で佐多のカード売り場で購入する事ができ、使用後に再行動可能という壊れっぷりです。

リニア周遊カード刀狩カードもたった4000万円でダビングできてしまうのです。

ゲーム発売直後から壊れっぷりに気づく人が多く、ダビング制限が当たり前となっています。

ダビングカード入手方法

ダビングカードは九州の佐多駅のカード売り場で4000万円で購入する事ができます。

通常のカード駅(黄色マス)、ナイスカード駅からも入手可能です。

当サイトの7年目までの検証結果では、カード駅で15/1000、ナイスカード駅で11/1000の確率で入手できることが確認されています。

また、福袋カードから入手する事も可能です。

検証結果では3.7%程度の確率で排出されます。

それ以外にも10億円突破1番乗りイベントで入手できる可能性もあります。

比較的入手手段が多いので購入するのはNGにして、拾ったりイベントで入手したものは使用OKな縛りが多いようです。

 

ダビングカード 10年トライアル

ダビングカードの制限はあくまでも自主規制で、ゲーム内での公式な縛りは特にありませんでした。

そのため序盤でリニア周遊カードを入手して、佐多駅でダビングカードを入手してダビングを繰り返して資金を稼ぐ方法が流行りだしました。

当然といえば当然ですが、このカードの設定があまりにもおかしいから仕方ないです。

その後、2021年4月22日のアップデート(Ver1.2.0)では10年トライアルの一部ルールが改定され、ダビングカードの値段が4000万円⇒4億6000万円に変更され、さらにターン消費『なし』だったのが、『あり』に変更されています。

これで大幅な弱体化はされましたが、他のいつもの桃鉄や3年決戦ではいままでの仕様と同じになっています。

ダビングカードをダビングすると・・

ダビングカードをダビングするとどうなるのでしょうか。

実際に試してみました。

ダビングカードを1枚消費してダビングカードが1枚手に入りました。

つまりプラスマイナス0で何も変化はありません。

ターン消費もないので行動前と同じ状態となります。

ただし先述の10年トライアルではターン消費がされてしまうので注意しましょう。

ダビングカードまとめ

まとめ
  • 4000万円で佐多駅で購入可能。
  • 再行動可能。
  • 10年トライアルでは購入価格、4億6000万円の1ターン消費する仕様に変更されている。
  • 対人戦の場合は縛り必須。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。