カード

【桃鉄スイッチ】福袋カードの貰えるカードと確率 中身【検証】

福袋カードとは 使い方 効果

福袋カードはランダムでカードが4~8枚もらえるカードです。

カードの手持ち枚数が少ない時や、店売りされていない虎につばさカードを手に入れたい時に便利なカードです。

最大の魅力は北海道のカード売り場駅(岩見沢)で6000万円という格安で売っている事です。

もらえるカードの中身や枚数、確率について実際に100回使用して検証してみました。

【桃鉄スイッチ】全国カード売り場駅一覧 地図付きカード売り場 これだけは覚えとけ 売り場によってカードが異なる 前半(1~49年目)と後半(50年目~100年目)で販売...

福袋カード ターン消費

福袋カードを使用すると1ターン消費してしまいます。

1ターンで何枚も福袋カードを使用する事はできません。

福袋カード 貰えるカードの種類 中身

上記9種類のカードが手に入る事がわかりました。
年数によりカードの種類が変更になるので、上記は7年目までの検証結果です。

福袋カード 貰える枚数

  • 4枚・・29回
  • 5枚・・48回
  • 6枚・・14回
  • 7枚・・2回
  • 8枚・・7回

100回使用した結果、上記の枚数が手に入りました。

5枚入手できる可能性が高く、7~8枚手に入る確率は低く設定されているようです。

福袋カード 貰える確率

100回使用した結果、合計510枚のカードを手に入れましたが、それぞれの枚数と510で割った場合の確率を紹介します。

カード名 枚数 確率
急行カード 74 14.5%
特急カード 105 20.6%
新幹線カード 32 6.3%
期間延長カード 80 15.7%
虎につばさカード 145 28.4%
あっちいけカード 16 3.1%
シュレッダーカード 19 3.7%
テレポートカード 20 3.9%
ダビングカード 19 3.7%

虎につばさが一番多く、続いて特急、下4枚は確率がいずれも低かったのでおそらく同じ確率(3~5%)に設定されていると推測されます。

1回の使用で5枚引けて、あっちいけカードは3%の確率で考えると、2回使用すれば30%、3回使用すれば45%の確率で手に入るのねん。

福袋カード まとめ

今作はカードが非常に強く、期間延長カードやダビングカードの価値が高いです。

福袋カードの平均入手枚数5.1枚、期間延長カードの入手割合15.7%で計算すると、福袋カード1回の使用で期間延長カードを入手できる確率は60%、2回の使用で約80%となります。

確実に入手したい場合は1億円で購入したほうが堅実ですが、使用する余裕がある場合は他のカードも手に入るので福袋カードから狙うのもおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。